契約時のポイント

住宅購入の契約について

何箇所かのモデルハウスなどを見て、気に入ったものがあれば購入をすると思いますが、物件の購入の意志を表す際に申し込み証拠金が必要になります。 このお金を支払うことによって、購入をする権利が発生をします。
その後契約の前に、重要事項の説明を受けます。

住宅の購入は決して安い物ではありませんので、しっかりと聞いて不明点の無い状態で契約をしないと後でトラブルになることがあります。 この説明を受けると、契約をすることが出来ます。
物件についての詳細や、引き渡しまでのスケジュールなどを決めていきます。

ここまで確認をして双方納得をすれば契約となります。 まず、最初の購入申し込みの際に、お金を支払うと他の交渉を全てストップします。その期間にローンの審査などを行います。
このお金は契約をしないと決まったら返却されます。 この申し込み証拠金は、法律的には何も効力がありませんので信用問題になりますが、中には、返却をしない業者もいますので、予め確認をした方が良いです。

その次の重要事項説明では、一連の流れの説明を受けますが、簡単に流し読みをして契約をするのは絶対にいけません。 所在地や、面積にもしっかり書かれており、酷い業者では面積がパンフレットと違う場合もありますので注意は必要です。
また、土地開発の範囲に入っているなどの制限がある場合もありますので気を付けましょう。 契約前にしっかりチェックをすれば回避できることばかりですので、確認をしてください。

アパートをお探しでベランダが気になるかた。べランダがついている部屋もおおくありますが、その際に気を付ける部分は、まず鳥のフンです。もしフンがついているようならそこには鳥がきます。洗濯物が汚される可能性がありますので注意しておいて下さい。また、物干しのスペースがあるかも重要です。物件にもよりますが、物干しざおがついているところもありますが、購入しないといけないところもあります。部屋のチェックだけでなく、こういったところも事前に確認することが快適な生活を送る為のコツになります。

ペット可の物件をお探しの方。ここでは、ペット可の物件の探し方をご紹介します。まず、希望する物件でペットを飼うことができるかを不動産屋に質問しましょう。また、出張などで部屋を空けることが多い人は、飼うペットを今一度考えてください。それでも飼いたいという方は、外出時に預けることができる相手を探しておきましょう。それがペットを飼うさいの最低限のマナーです。それが出来ない人はやはり飼うことをもう一度検討してみてください。

住宅購入の契約について| 物件契約時の注意点について| 住宅購入の注意点 |
賃貸契約を結ぶ時| 賃貸契約を結ぶ時2| サイトマップ